少しの違い

システム開発で他に負けません!アプリ開発でビジネススタイルを変えたいのであれば、ココの業者に依頼するようにしましょう。

アプリ開発のOS選び

アプリ開発を行って副業や小遣い稼ぎを行うという場合にはその開発する舞台を選ぶ必要があります。主流となっているのはiphoneとandoroid端末であり、それぞれが独立した開発環境や公開システムを持っていることから、どちらかを選択することが便利なのです。テストをすることを考えると自分の使用しているスマートフォンに合わせるのが得策です。そうすることによって余計な投資をすることなくアプリ開発を行うことができると期待できるからです。 ただし、iphoneのアプリ開発を行う場合にはMacの開発環境を手に入れる必要があります。現状ではMac OS X Leopard以上の環境が必要とされるソフトウェア開発キットを使用する必要となるからです。Macユーザーでない場合には留意が必要でしょう。

クロスプラットフォームの開発ツールの活用が始まる

クロスプラットフォームの開発ツールを利用することによって、両方のOSで動作できるアプリを同時開発するという動きが見られるようになってきています。iphoneとandroid端末のそれぞれの特徴を無視して、共通となる機能だけに注目してアプリ開発を行う必要があるものの、それに特化したて両対応のアプリ開発を受注する企業や人材も見受けられるようになってきています。こうった企業の利用によってより幅広いユーザーを獲得する動きが生まれてきているのが現状です。

このエントリーをはてなブックマークに追加