打ち合わせの重要性

アプリ開発の依頼とその費用

androidに限らず、アプリ開発というのは環境の構築からプログラミング言語の勉強、アルゴリズムの理解など開発を行うまでに必要な事柄がとても多く、簡単にできるものではありません。 そこで第三者にアプリ開発を依頼するという手があります。スマートフォンのアプリ開発者は、androidもiOSもおよそ同等の人数が存在しています。ここではandroidを例にして考えることにします。 アプリ開発を依頼する上で重要なのは、どのバージョンのOSに対応した開発を行うのか、どんなアプリケーションを開発してもらいたいのか、どのような技術を使用するのかなど、最初の企画段階を細かく定めておき、後から変更するということを無くすことです。androidに限らずアプリケーション開発は、こういった変更を極力無くすことが順調にアプリ開発を行う肝となります。 アプリ開発を依頼する一つの形式として、クラウドソーシングを通して個人に依頼するという形式が存在します。この形式では、開発の費用は時給で支払われるため、順調に開発を行うことは費用を抑えることにもつながるというわけです。

androidアプリケーションの変遷

知っての通り、スマートフォンが爆発的に普及し始めたのはここ数年のことです。それまでは携帯電話、いわゆるガラケーが圧倒的に普及しており、アプリケーションの開発もそちらの端末に対するものが多かったのです。androidとそれまでのガラケーとでは、使用するプログラミング言語は同じものを用いていたようですが、当然OSが異なるので開発する勝手もいろいろ違ってくるわけです。 またandroidはOSのバージョンが次々新しいものが発表され、それに応じて使用できる機能も増えていきました。従ってバージョンが上がるに連れ、できることが増えていき、アプリケーションの幅が広くなりました。その反面、アプリ開発が難しくなり、開発に手間がかかるようになったとも言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加